穏やかでゆったりした川になりたい

悩みなど誰にもあるもの。
悩みがあるからこそ、人間関係が成り立つのだと思うの。

苦しい時に渦の中にいる自分と向き合うと、世の中で一番辛いのは自分だと勘違いしてしまう。

ハッピーによりハッピーになるために生きているのに、裏目に出てしまうなんてことはしょっ中。

 

 

サムスカーラという言葉が過ぎります。

過去の出来事の残像のようなもの。そのような朧げでいて鮮明です。

またやってくる、あの時の嫌なこと、辛いこと、苦しいこと、と最初から決めつけてしまうことはありませんか?

 

 

過去の微かな記憶が積み上げられて、あたかもそうなるべくそうなっていく、まるで自分がそう仕向けているようです。

本来の自由な選択を奪ってしまうような。

 

 

なぜか、こうなってしまうんじゃないかって感ずるものがあって踏み出せなくて、言えなくて、行動できなくて、自分の価値も見失っていく。

 

サムスカーラは無くなることはありません。

悪いものだけではありません。

 

いいものは活用していけばいいのです。

 

 

サムスカーラをコントロールすることも難しいです。

だから、過去の記憶や雰囲気に振り回されないようにコントロールするべきなのです。

 

経験が経験を呼ぶ。

このなんだか身体にまとわりつく、ベタベタしたものから一生逃れられないのなら、嫌だなとかモヤモヤした時に、ポジティブな言葉選びをしてみましょう。

 

自分から出た言葉は自分を守ってくれます。

 

私は、ヨガのクラスの終了時に「オーム・シャンティ・シャンティ・ピース」「今日もいいことがたくさん起こりますように」と祈ります。

 

口に出します。

 

一人でも多くの人にハッピーになって欲しいから。

 

でも自分がハッピーでないと、私の目の前の人たちはきっと幸せを感じないと思うから。

 

 

「今日は雨が降るかもしれないね」よりも

「雨が降りそうだから、大好きなこの傘もっていこう!」

 

 

と笑顔に変わるような言葉にしていこう。

 

 

ナマステ